プロテオグリカン ヴィーナスプラセンタ原液

保湿力の強い成分だとヒアルロン酸やコラーゲンをイメージする人が多いですよね。

さまざまな美容に効果的な成分があるので、すべてを試すのが難しいぐらいです。

「いったいどれが一番効果あるの!?」って^^;

ヴィーナスプラセンタ原液には【プロテオグリカン】というヒアルロン酸を上回る保湿力の高いものが含まれていますがどんな成分なのでしょうか。

プロテオグリカンの気になる効果や特徴をまとめてみました^^

プロテオグリカンってどんな成分?

プロテオグリカンはヒトや動物の臓器や皮膚、軟骨に存在している成分で細胞組織を作る役割をしています。サケの軟骨とかから抽出されたものが使われているケースが多いようです。

プロテオグリカンは今までは毒性の強い薬品を使って抽出されていましたが、最近ではより安全性の高い方法での抽出が可能になったので、健康食品や化粧品にも使用されるようになってきました。

プロテオグリカンで期待できるコト

プロテオグリカンが注目されている理由は肌への影響力があるからです。近年になって新しい抽出方法が開発され色んな化粧品が出回るようになりました。

  • 化粧品や健康食品にも含まれており体内に入れても心配ない
  • 肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促してくれる
  • 炎症を抑える効果も期待できるのでニキビに悩みにオススメ
  • 肌の炎症が原因で起きるシミや色素沈着で悩む人に向いている
  • 肌のハリや保湿を行ってくれる
  • お化粧ノリも良くなる

肌の調子も整えば化粧ノリもアップしますね。30代や40代以上に人気のイメージが強いですが、注目の新成分なので20代や比較的若い年代の人でも一度は試してみる価値はあります。肌に合うかどうかは試してみないと分かりませんからね。

プロテオグリカンが入った美容液の使い方や選び方

プロテオグリカン 選び方 まとめ

美容液の使い方についてはプロテオグリカンが含まれていなくても同じことが言えます。使い方について各美容液によって異なるので説明書の指示に従うようにしましょう。

美容液の使い方(塗り方)

プロテオグリカンの美容液の塗り方は洗顔後の何もつけていないすっぴん肌につけるのが浸透を実感しやすいです。余計な汚れやメイクの残りがあると効果も半減されてしまいます。

たとえば、ヴィーナスプラセンタ原液も洗顔後の綺麗な肌にたっぷり塗布するのがポイントです。1~3滴だと不足するので、5滴ほど使ってみましょう。朝晩の洗顔した後に使っても1ヶ月は余裕でもちます。

美容液は濃度が大事

美容液の選び方はやはり「どれだけ濃いかどうか」プロテオグリカンを最優先で考えるなら、なるべく濃い商品を購入するべきです。プロテオグリカンの配合が多いほど保湿効果も高まります。

香料や防腐剤がない無添加が良い

それほど大きな影響はない人もいますが、敏感肌とか肌質が弱い人だと痒みが出たり肌が赤くなったりする可能性があります。

水溶性なので他の化粧品成分と配合されやすい

プロテオグリカン自体は水に溶けやすい性質(水溶性)を持っているので他の化粧品と混ぜやすい特徴があります。ヴィーナスプラセンタ原液には防腐剤や香料などは不使用で肌にも優しい美容液です。

ヴィーナスプラセンタ原液はかなりサラサラしたテクスチャーです。とろみがあった方が保湿効果が高そうなイメージですけど、一概には言えませんので安心して下さい^^;

100%肌にトラブルが起きないとは言い切れませんのでまずはお試しして自分の肌との相性を見極めてみましょう。定期契約にはなりますが2本目の到着前に解約が可能なので限りなくリスクが少なく購入しやすい商品です。

参考:ヴィーナスプラセンタ原液って解約しやすいの?

市販はされていないので公式サイトでキャンペーン価格で買うのが損をしない購入方法です。※メルカリなどで探す人もいますが定価よりも高く販売されている場合も多いので注意して下さい。